RSS速報

本当に 日本の昔話とか童謡というのは、心の蔵をえぐりとられるようなきっついストーリー展開となっていて、ディズニー映画のようなハッピーエンドは望めない望んじゃいけないわけなんだ。子どもに軽くトラウマショックを与えて教訓を与えるというそんなカルチャーが根付いていたわけなんだね。

 てことでそんな日本の昔話より、「吉作落とし」は、うっかりした油断で崖から降りられなくなった吉作のバッドエンディングな話なんだ。
スポンサードリンク





関連映像:まんが日本昔話の「とうせん坊」の話が怖すぎる


本当は怖い!日本むかし話―戦慄の17話

竹書房
売り上げランキング: 53839
ツイートする シェアする この記事をシェア :    
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.  

  • 2009年09月12日 22:49
  • ID:HfkphV.u0 #

10分も見たくないから誰か要約して下さい...

2

2.

  • 2009年09月12日 23:20
  • ID:34ghlim.0 #

>>1
吉作落とし:ロープ離したら戻れなくなってレスキュー待つも来る気配がないので最終的に崖からダイブ

とうせん坊:大量殺人鬼が酒で酔ったところを縛られた上、崖から放り投げられ殺害される


↑よりうまくまとめられる人いたら頼む

3

3. nu

  • 2009年09月12日 23:23
  • ID:0.kffua50 #

日本昔ばなしって、絵がいろいろじゃない。
吉作のは、自分的には残念な絵だなぁ。
恐ろしさ半減じゃー

それにしても、後に村人が気付いてくれたのが救い。
誰にも気付かれず古井戸に落ちて死んでいった人とか
たくさん居るんだろうなぁ。
考えると怖すぎる

4

4.  

  • 2009年09月12日 23:27
  • ID:0R7HYN2C0 #

とうせんぼうはどう考えても自業自得だろw

5

5.  

  • 2009年09月12日 23:33
  • ID:2Tl8YSQR0 #

ナレーションの声が凄く懐かしい、ゴールデンで再放送すればいいのに

6

6. P

  • 2009年09月12日 23:33
  • ID:fIurff6w0 #

>>3自分もこの作画はちょっと好きじゃないなぁ

7

7.   

  • 2009年09月12日 23:39
  • ID:Gq.LunsU0 #

日本昔ばなしのホラーといえば、タイトル忘れたけど柳の木の精みたいな女が木こりの舌を噛み切って殺す奴が最高に怖かった。

8

8.

  • 2009年09月12日 23:39
  • ID:hVut9P9V0 #

山に出かけた吉作が人柱にされるお話だったとさ

9

9.  

  • 2009年09月12日 23:41
  • ID:fFQV1RYN0 #

うわあああこれはなんとも・・・救いがねえ

10

10.   

  • 2009年09月12日 23:43
  • ID:k7qrcI.V0 #

とうせん坊は加藤智大の先輩に当たるわけだ

11

11.    

  • 2009年09月12日 23:51
  • ID:Gq.LunsU0 #

とうせん坊は本人ももちろん悪いけど、村人たちもひどいな。観音堂に籠った時に力ではなく知恵をお願いするべきだったな。

12

12.

  • 2009年09月12日 23:52
  • ID:iRC6jR3I0 #

吉作落としの絵の感じがドラゴンボールっぽく見える

13

13.

  • 2009年09月13日 00:05
  • ID:WRNaYpV60 #

てか文字通り命綱の
ロープ放すとか迂闊にも程があるだろ・・・

14

14. hii

  • 2009年09月13日 00:07
  • ID:dSmimS2M0 #

とうせん坊:いじめられっこが、仕返ししたら、殺された

15

15. Posted by

  • 2009年09月13日 00:08
  • ID:hZiO2kJH0 #

吾作に救いはないんですか!?

16

16.  

  • 2009年09月13日 00:24
  • ID:PcQ.buGp0 #

今、テレビがつまらないって話題になってるけど、これを再放送したら結構いくんじゃない?

17

17.  

  • 2009年09月13日 00:29
  • ID:CeZJAoal0 #

とうせん坊のなにが悪いんだ?
幼いころからいじめられ、両親から愛された経験もじゅうぶんにないなら人を恨むこと以外の感情なんて持てない
というか、知ることもないだろ

復讐しか生きる術を持つことができないとうせん坊にかえってきたのはさらなる復讐
こんなにいたたまれない人生はないよ

18

18.

  • 2009年09月13日 00:32
  • ID:hmr5r6hM0 #

「吉作落とし」の作画の人の名前で検索すると

ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌
クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
ケモノヅメ
スチームボーイ
時をかける少女 
紅の豚
etc..
といった作品を手がけている人じゃった。
「吉作落とし」はちょっと大友克洋っぽいニュアンスもあるよね。

19

19.  

  • 2009年09月13日 00:33
  • ID:UD5BylD20 #

>>7
あれ、俺いつの間に書き込みしたんだろう
「まんが日本昔ばなし 十六人谷」でぐぐると幸せになれる

20

20.

  • 2009年09月13日 00:52
  • ID:qT07C8.o0 #

吉作落としは小学生のころ見たなぁ。
絵が好みだっただけに
見た後すごいいたたまれない気分になった

あとトラウマになった話は「亡者道」があったっけな。

21

21.   

  • 2009年09月13日 00:53
  • ID:pguaPbT00 #

そういえばthe world is mineのモンちゃんとトシはもろにとうせん坊だよなぁ

22

22.

  • 2009年09月13日 00:55
  • ID:fY0PgiYe0 #

怖い話じゃないよなコレ
悲惨で救いのない話
「世の中不条理がデフォルトですよ」
って話じゃまいか

23

23. ゆぅ

  • 2009年09月13日 01:00
  • ID:PtvRIGHD0 #


とうせん坊は悪くない(・ω・;)
虐められても仕返ししちゃいけないみたいなお話だよね。

とうせん坊かわいそう

24

24.  

  • 2009年09月13日 01:06
  • ID:GBmwnl6h0 #

とうせん坊ってなんだか和製ジェイソンみたいだな・・・

どっちにせよイジメはよくないな

25

25. あ

  • 2009年09月13日 01:36
  • ID:z9POttV10 #

『十六人谷』は確かに日本昔話史上最恐。

26

26. a

  • 2009年09月13日 01:37
  • ID:z9POttV10 #

『十六人谷』は確かに日本昔話史上最恐。

27

27.  

  • 2009年09月13日 01:50
  • ID:o2uyTnde0 #

不条理なんだよな。
良いとか悪いの問題じゃないと思う。

それより観音様って悪魔だろw
ベルセルクのゴッドハンドと変わらないじゃん。

28

28.  

  • 2009年09月13日 02:30
  • ID:CukKT2PR0 #

人と関わらず一人で生きてると、いざ困ったとき、救いを求めたとき、誰も気づいてくれず、助けてもらえないって言う切ない話だろ。

29

29. たれこみ君

  • 2009年09月13日 02:55
  • ID:BYb49f5Q0 #

S〜O〜S、助けてくれ〜崖の上で身動き取れず〜

30

30.  

  • 2009年09月13日 03:14
  • ID:r95E23WE0 #

観音様は試したんだろうよ。
もしもその怪力を人々を救うことに役立てたのなら、村人はとうせん坊への仕打ちを心から後悔し、酒をふるまわれ彼は幸せに暮らすことができただろう。だが結局とうせん坊は自分で自分を滅ぼしてしまった。
自分の恨みや憎しみに負けてしまった。

31

31. まー

  • 2009年09月13日 03:51
  • ID:aafTlmIE0 #

ちなみに吉作落としの美術監督は映画AKIRAの美術監督です。いろんな仕事してるなぁ、、(@_@

32

32.  

  • 2009年09月13日 04:11
  • ID:gsDOe4490 #

日本昔話は数多くあるのに情報系ブログは皆一斉に同じネタを取り扱う。

もうちょっと独立して頑張れよ

33

33.  

  • 2009年09月13日 04:47
  • ID:7.9vWjZB0 #

※31
AKIRAの絵と似てると思ったらやっぱそうだったんだ!

34

34.   

  • 2009年09月13日 09:34
  • ID:h1bR5WoZ0 #

感情論で復讐するのはバカ。
とうせんぼうは懲役10年くらいが妥当。
精神鑑定したら無罪。
     by脳内お花畑

35

35.  

  • 2009年09月13日 09:54
  • ID:VMpN8jg80 #

フロイト心理学によると偶然に起きる「うっかり」というのは無いそうだ。
吉作は深層心理では「死にたかった」のかもな。
ただ意識の上では死んではならないと思っていたから、死ぬための必然が欲しかった。だから無意識に綱を手放した。
助けを呼び続けたのは実は孤独な自分を救ってほしいという心の声だったが、返事はない。
だから納得して飛び降りることができたのだろう。

36

36.  

  • 2009年09月13日 12:52
  • ID:o2uyTnde0 #

>>30
それを教えてやらないところが最もたちが悪い。
ずっと迫害されてて何も知らないとうせん坊がそんなことできるはずないから。

神なら救いを与えると思うが、いたずらに力を与えるのみ。そうやって人を弄ぶやり方は悪魔にしか見えん

37

37.  

  • 2009年09月13日 12:53
  • ID:sDYIzIfE0 #

>とうせん坊
ブラックラグーンの双子思い出した

>吉作
オープンウォーター2の元ネタこれかw

38

38. 観音様はゴッドハンド

  • 2009年09月13日 13:09
  • ID:7gjwJz6h0 #

吉作は孤独な人間だったんだ。親しい人間、彼が失踪した事に気づいて騒ぎ出す人間がいなかった。それが彼の不幸。当選坊の不幸も根っこは同じだな。

39

39. 友愛をください

  • 2009年09月13日 13:37
  • ID:7gjwJz6h0 #

他人の苦しみに無関心な日本の村社会が、近代化の中でアジア人の奴隷化を求める植民地主義へと変化した。日王の軍隊が朝鮮、中華台湾、沖縄、北海道で行った所業を反省しない限り、日本人に未来はない。軍靴の足音が響き渡り、あほう総理は崖の下に飛び降りる。

40

40. ・

  • 2009年09月13日 13:39
  • ID:jrzhOM2u0 #

とうせん坊カワイソス(´・ω・`)

ついこないだ東尋坊行ってきたばっかだわ

41

41. P

  • 2009年09月13日 15:04
  • ID:U4MTZbE70 #

日本昔話の再放送希望〜
子供の頃ポカーンと見てるのと、大人になってから見るのとはとらえ方も違うもんね。
これをきっかけにYouTubeで見まくってるw

吉作とは少し違うけど「松山の洞窟」も切ない終わり方だったな

42

42.  

  • 2009年09月13日 15:39
  • ID:65ZJDYVv0 #

とうせん坊かわいそうとかいうコメが多いけど、もし現代だったら……
いじめられっ子が大人になって猟奇殺人犯になったとして、犯人に同情できるだろうか

実際現実でもイジメの復讐による殺人はあるみたいだし、イジメは無くなるべきだよねぇ。

43

43.  

  • 2009年09月13日 15:53
  • ID:o2uyTnde0 #

いじめてた村人にも責任はあるからなぁ。
復讐されてもしょうがないでしょ。

44

44.   

  • 2009年09月13日 16:14
  • ID:oD.7OV3a0 #

10分でこの内容の濃さ。
今のアニメにはないな。

45

45. たろ

  • 2009年09月13日 16:38
  • ID:0w5VcuVO0 #

これライブで見たの覚えてます。
確か中一のときで、結構ショックでした。子供向けの番組なんだから、普通何らかの方法で助かると思いますよね。

46

46.   

  • 2009年09月13日 17:09
  • ID:P3oKLMid0 #

池袋・通り魔殺傷事件 造田博
中学時代から ゾッパ とか呼ばれてて
いじめられてたようです。
加藤智大よりはとうせん坊にちかいかも。

47

47.  

  • 2009年09月13日 19:58
  • ID:kOZQYeYM0 #

東尋坊は自殺の名所だね。

48

48. 日本

  • 2009年09月13日 22:59
  • ID:M2hWvH7Y0 #

この番組は情緒を鍛えるいい番組だったと思う

いま子供が見るアニメを見渡せば
主人公が活躍するご都合主義や、ハリウッド映画みたいな活劇ものばかり。

親子との対話が削がれる昨今
子供の情緒を育てる存在として
日本昔ばなしは数字が取れなくても放送すべき

ご都合主義の人間だけで社会が作られるから痛い人たちが増殖するんじゃないかな?

49

49. aa

  • 2009年09月13日 23:01
  • ID:M2hWvH7Y0 #

この番組は情緒を鍛えるいい番組だったと思う

いま子供が見るアニメを見渡せば
主人公が活躍するご都合主義や、ハリウッド映画みたいな活劇ものばかり。

親子との対話が削がれる昨今
子供の情緒を育てる存在として
日本昔ばなしは数字が取れなくても放送すべき

ご都合主義の人間だけで社会が作られるから痛い人たちが増殖するんじゃないかな?

50

50.  

  • 2009年09月14日 13:30
  • ID:S.Quljfh0 #

とうせんぼうは可哀想な物語だけど、あの地形の荒々しさの由来として情緒的に納得がいくね
八郎潟の物語も好きだけど、哀しみのフイクションを楽しんできた先祖は心豊かな人達であったにちがいないね。

51

51. GoN

  • 2009年09月14日 14:21
  • ID:CmfE.nUV0 #

「これ、目を開けなさい」
驚いた吉作が声のする方を見ると、きれいな女神が立っておった。
「あ…女神さま、た、たす…」
「あなたの落としたのは、この金のへらですか?それとも銀のへらですか?
それとも、この折れた木のへらですか?」
「木…木のやつです…」
「あなたは心のきれいなよい人です。正直のごほうびに、3つとも差し上げましょう」

そして女神は消えたのじゃった。

「あ…あ、あ…」

52

52. .

  • 2009年09月15日 02:39
  • ID:X.0di0iW0 #

春に東尋坊行ったらリア充が蔓延しててちょっととうせん坊な気分になった

53

53. 、

  • 2009年09月15日 06:25
  • ID:hWDwhN8a0 #

とうせん坊の教訓

「ダメな奴は何をやってもダメ。」

54

54. うどんおいしい

  • 2009年09月15日 12:40
  • ID:t3YsPtXx0 #

理由は何であれ社会規律を乱してはならない、という戒めではないのか
迫害された孤児という最大限の情状酌量の余地すらも免罪符にはならないぞ、という
助け合い精神=コミュニティを維持しないと生存すら難しかった訳だから。食糧があふれている今の日本の倫理をよそに押し付けちゃいかん

55

55.  

  • 2009年09月15日 19:01
  • ID:8959ZDp70 #

でもそれって法治国家の姿じゃないだろ。
中国みたいな人治国家の姿。
やる側もやられる側も最低限の一線を持つべきだと思うんだが。あまりに感情的すぐる。

まあ、武家みたいな人が当時の社会エリートだった訳だから、村の人がこのレベルだって言われてもしょうがないかも試練が。


そしてとうせん坊の話で一番責任があるのは和尚だろ。和尚が一緒になっていじめるとか、仏の道じゃねえwww
教師の人とか。


こう言っちゃ何だがこんなこと全国で頻発してたら、その人たちの怨念でとっくにこの国滅んでると思うぞw

56

56.  

  • 2009年09月16日 00:40
  • ID:I12r8nNT0 #

吉作落としはリアル消防で見て、崖っぷちで一人で誰も助けに来ないさまを想像して怖くてしょうがなかった。

とうじんぼうは初見だけど哀しい話だなあ

理不尽モノだと、いいお坊さんが村の人に風呂に沈め殺されてふた開けたらこんにゃくでしたっていうのが意味わかんなすぎて強烈だった。

57

57.  

  • 2009年09月16日 01:46
  • ID:RGt4GQH60 #

喫茶苦落しの話は良く覚えてるわ
1988年10月29日放送か
20年も前だったんだけど悲しい話だったので最も強烈に覚えてる香具師かな

58

58.  

  • 2009年09月16日 11:13
  • ID:up.JEp.W0 #

とうせん坊見てて、バガボンドのたけぞうってこんな感じだったのかなって思った


吉作落としは実話かも知れんが、創作かも知れん。
赤頭巾みたいなもんで、戒め目的にどこかのおじいちゃんが作った話かも知れんぞ。戒め系童話にはありがちなこと。

59

59. Posted by  

  • 2009年09月16日 21:25
  • ID:AgR6dyC90 #

ものすごい怪力を与えられたんだから
縛られてもぶっちぎればいいのにってのは突っ込んじゃいけないのか
酔ってたから力はいらなかったのか…

60

60. ら

  • 2009年09月18日 04:45
  • ID:01M.b37g0 #

創作ではありえないだろ
1手を滑らしたと見るが自然で岩場から身を投げたとは考えにくい
2上からは岩場が見えない

61

61.  

  • 2009年09月19日 14:14
  • ID:e.QkVKck0 #

日本昔話は、

牛鬼

が一番怖かった

62

62.  

  • 2009年09月22日 23:17
  • ID:dXdw39HZ0 #

ところでさぁ、吉作の詳しい描写があるけど・・・・
誰が吉作を観てたの?

63

63.

  • 2009年09月24日 21:59
  • ID:eJcBOMIo0 #

どうせん坊の寺の前ではやし立てる
子供の声の中にクレヨンしんちゃんの
声が。
(本物かはわからない)

64

64. 名無し

  • 2010年05月12日 22:29
  • ID:JCQ0xizp0 #

どっちもかなりのトラウマ話だな‥

65

65.  

  • 2010年05月12日 22:53
  • ID:JCQ0xizp0 #

とうせんぼうカワイソス

66

66.  

  • 2010年05月12日 23:20
  • ID:JCQ0xizp0 #

うわぁぁぁぁぁ!見なきゃよかったぁぁぁぁぁぁ!

67

67.

  • 2010年05月13日 02:11
  • ID:9eGkW0NI0 #

>>53
ひどいw

68

68.  

  • 2010年05月13日 13:05
  • ID:83J2bxq30 #

吉作は鳥になったんだよね?ね?

69

69.  

  • 2010年05月13日 14:30
  • ID:iBXoIrV30 #

本当に怖いから困る

70

70. (´・ω・`)

  • 2011年09月24日 10:19
  • ID:AZEooZTy0 #

とうせんぼうは可愛そうなやつだな。
でも自分をいじめたやつ以外を殺めた者に
訪れる結末としては至極当然だこれは。
あまりにも見境も分別も無さすぎた。
結局お互いさまに成り果てた。

71

71. よ

  • 2011年09月24日 13:02
  • ID:YOybZTi30 #

心の臓。心の蔵(こころのくら)ってなんだよ

72

72.  

  • 2011年09月26日 13:53
  • ID:pyaRU5RG0 #

北国か
卒アルの中でさえ罵倒されてたあの子を思い出した

73

73. richman4600

  • 2011年09月27日 20:54
  • ID:DDczrVIT0 #

吉作は「油断大敵」の教え。
とうせんぼうは「マイナスの考えからプラスの考え」に変更をする時は注意をしなさい。
と独断と偏見のわたしは思う・・・。

74

74. 匿名処理班

  • 2013年05月31日 22:52
  • ID:qj8h3iv60 #

昔話は大人が子どもに話すうちに、教訓譚の色合いが濃くなってくるからな

お名前
※投稿されたコメントはブログ管理者の承認後に公開されます。
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク
おすすめリンク集