RSS速報

あーま

ちなみに上の画像は1511年から1514年までヘンリー8世が使用していたツノ付アーマーなんだそうだ。中世の機甲部隊に属する騎士たちは、皮の鎧から金属製の鎧へと変貌を遂げる中、重くて動きにくそうなんだけれどもこれで国の平和を守っていたんだ。
スポンサードリンク

【Medieval Suits of Armor 】

01



こちらはドイツのアウクスブルクで1515年に使用されていたヘルメット
02

03


04


05


06


07



08


09


10



11


12



13



14


15


16


17



19


20


18



こちらは第一次世界大戦中の防護アーマー
ブルースター防護服、1917-1918
21



実験的に作られた機関銃士専用ヘルメット 1918
22



パイロット用のヘルメット 1917(右側画像はスターウォーズ)
23



この記事をシェア :    
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2009年02月16日 21:40
  • ID:ec1XvlC60 #
2

2.  

  • 2009年02月16日 22:30
  • ID:hioYlsU60 #

逆に体力使って逃げれんだろこれ

3

3.  

  • 2009年02月16日 22:41
  • ID:WfDib2lN0 #

「ベルセルク」の甲冑の突飛さも
あながちウソではないんだな。

デモンズソウルやりたくなってきt

4

4.   

  • 2009年02月16日 23:10
  • ID:6PGMteQU0 #

甲冑ってなんかどきどきする。

5

5. progger

  • 2009年02月16日 23:25
  • ID:EZBq0I.v0 #

ボーグ星人やらロボコップやらがワラワラト・・・。

6

6. RRR

  • 2009年02月16日 23:42
  • ID:WeHfiVNq0 #

「征服王」思い出す。誰も知らんか。

7

7.

  • 2009年02月17日 00:14
  • ID:EC4w1aEj0 #

威嚇する目的もあったのかな?
だってめちゃくちゃ怖いの多い

8

8.  

  • 2009年02月17日 00:32
  • ID:xbPYccPG0 #

ベルセルクの作者、ちゃんと調べて書いてるんだなぁ・・・

9

9. :

  • 2009年02月17日 05:10
  • ID:ZJVEL89Y0 #

鎧は重いから馬に乗ってから着用するらしい。
こんだけ鎧で覆われてたから剣は「刺す」「斬る」のに使われたのではなく、頭を叩いて脳震盪を起こさせてたみたいね。

10

10. だじん

  • 2009年02月17日 05:48
  • ID:H64S66pV0 #

へうげもの読者は一枚目に反応したはず。

11

11.  

  • 2009年02月17日 07:51
  • ID:mtYvli8b0 #

実際にはこういった全身甲冑より火縄銃の方が早く登場、
近距離で撃たれたらあっさり貫通するし、
重くて身動き取れない、馬がすぐへたばる、そして高価

ということで、装飾用、儀仗用だったそう

だから博物館の展示でも「戦闘で傷ついた甲冑」というものがない

12

12. ...

  • 2009年02月17日 13:15
  • ID:tXmMyXFL0 #

どうみてもギャン

13

13.  

  • 2009年02月17日 15:45
  • ID:KdK6Ai8w0 #

やっぱチェンメイル+レザーとかのほうが
実戦向きだったのかな

14

14. P

  • 2009年02月17日 15:47
  • ID:.zB1F51c0 #

キュアレモネードかと思った

15

15. gf

  • 2009年02月17日 19:24
  • ID:MBw8jI510 #

ウルティマオンライン思い出したぞ・・・

16

16. Q

  • 2009年02月17日 21:32
  • ID:IvK9XBKW0 #

まりもっこりがいる

17

17. テレフタ

  • 2009年02月17日 22:30
  • ID:kQsCJl9y0 #

ポルナレフのスタンドにしか見えない

18

18.   

  • 2009年02月17日 22:36
  • ID:eFZ99VOx0 #

※10
その通りだ

19

19.  

  • 2009年02月17日 22:42
  • ID:X0Tjmzze0 #

ボスコーンのあれはカッコよかったな

米10
呼んだか?

20

20.

  • 2009年02月17日 23:39
  • ID:M3ChDOlL0 #

米10
ありがと。どこかで見たことあるなぁ〜的なのがすっきりした。

21

21.     

  • 2009年02月18日 00:19
  • ID:.e.B07D50 #

diablo久々にやろうかな

22

22.  

  • 2009年02月18日 00:40
  • ID:CXsgawJO0 #

米11
そうでもない。期間は短いけど

23

23.  

  • 2009年02月18日 00:45
  • ID:wOqgu0XZ0 #

米11
あんまりにも極端すぎるだろ、16世紀頃の甲冑はアルケブス(中口径の火縄小銃)程度や長弓程度なら貫通できんぞ
初期のマスケット(口径2cmを超える大型火縄小銃)や機械式の弩はさすがに無理だが

あと野戦用とトーナメント用の甲冑をごっちゃにしてないか?

24

24.  

  • 2009年02月18日 01:23
  • ID:VGHNd3AH0 #

着こなしスキル91ですね

25

25.  

  • 2009年02月18日 01:23
  • ID:vBVosBwo0 #

>>※10
呼んだ?
信長がかぶってるやつだよね
事実は小説より奇なりだわw

26

26.  

  • 2009年02月18日 02:22
  • ID:fE8hDP.r0 #

米11
近距離で撃たなきゃ貫通できないということは、
射手の側には一回しか攻撃の機会がなく、
相手を撃ちもらしたらそのまま突撃を許してしまうという非常に危険な事態なわけ。
(実際に迎撃するのは主力の長槍兵の役目だけどね)
射撃時に支えの棒がいるほど大きなマスケット銃が対騎兵用として使われていたことから、
それだけ重装騎兵の戦闘力が脅威と見られていたことがわかる。

甲冑騎士が廃れたのは馬上用のピストルが普及してから。これのおかげで軽騎兵が重装騎兵を破れるようになり、騎兵全体の軽装化が進んだ。

27

27.  

  • 2009年02月18日 05:38
  • ID:wxqo2xlB0 #

中世ヨーロッパの騎士なんて当時の地球規模でみたら見掛け倒しの戦争弱者だろう。実際モンゴルやオスマンの兵士には歯も立たなかった。ヨーロッパがそれを逆転させるのは、近代兵器で武装する後のこと。

28

28.  

  • 2009年02月18日 06:14
  • ID:Bng9w.8s0 #

白兵戦ならモンゴル軍、戦国武士はガチ。
リアル騎士の貧弱っぷりときたらもう…

でも結局は良い飛び道具使った奴が最強なんだよね。

29

29.

  • 2009年02月18日 07:43
  • ID:wOqgu0XZ0 #

米27
騎士が弱いか強いかは知らんが
少なくとも13世紀にモンゴル軍と戦ったときは欧州には上記の板金甲冑の類は存在せず
鎖帷子とバケツ兜程度の装備ではモンゴル弓騎兵の短弓を防ぐことはできなかった。
矢で疲弊し切った所をモンゴル重騎兵の襲撃で完全に粉砕

あと17世紀の第二次ウィーン包囲で近代兵器(笑)に頼らず
中世騎士ライクなポーランド装飾重騎兵(Winged Hussar)が火器で武装したオスマン軍を撃退してるぞ。

米28
>でも結局は良い飛び道具使った奴が最強なんだよね。
19世紀までのテクノロジーレベルでは飛び道具が優れていた方が必ずしも有利というわけではない

30

30. くぁswでfrtgyふじこlp;

  • 2009年02月18日 10:48
  • ID:tuGCIPmK0 #

すっげー騎士だって強いのは分かるよ
だが戦国武士最強は譲らん!!

31

31.

  • 2009年02月18日 18:23
  • ID:UGWdZ23D0 #

へうげ信長のあれ、元ネタあったんかw

32

32. a

  • 2009年02月18日 19:55
  • ID:5BoAPYKz0 #

頭殴られたら、ケガしなくても音で気絶しそう

33

33.  

  • 2009年02月18日 19:56
  • ID:YiX4Tf0Q0 #

戦国武士はたしかに強そう

34

34. *

  • 2009年02月18日 20:07
  • ID:7dvXSgug0 #

こんなのが歩いて来たら、戦う気失せるわ
つか笑ってしまうわ

35

35.  

  • 2009年02月18日 20:14
  • ID:Rj3lgjEQ0 #

中世の頃の戦争は、儀礼的な側面があって、戦死者はそれほど多くなかったと聞いたことがある。貴族yである騎士も戦争捕虜になると、身代金を払えば開放されたらしい。
異教徒同士の戦争はガチ。

36

36.

  • 2009年02月18日 21:56
  • ID:ns4RvPg20 #

むちゃくちゃカッコイイわぁ・・・
ヘビつかんでる絵なんて完全にMMOの宣伝にしか見えんw

37

37.  

  • 2009年02月19日 12:19
  • ID:2eoAEKuD0 #

カッコイイのもあるけどやっぱ日本の変わり兜のほうが個性あってイキでいいなぁ

38

38.

  • 2009年02月19日 12:52
  • ID:4kdG1ay.0 #

気持ち悪い奴はベルセルクにも出てくるな。

39

39.  

  • 2009年02月19日 14:21
  • ID:4kNfmvsJ0 #

こんなんで戦場を動き回れるのか?というような不自由で重そうな甲冑は、機動力よりも防御力が重視される馬上槍試合の甲冑だからそれでいい。

40

40.    

  • 2009年02月19日 16:14
  • ID:XJiLy8yZ0 #

米29のヤツ、全身金属甲冑の騎士マンセーって感じだな。
近代兵器の後に、(笑)とかつけちゃってるのが痛すぎ。
顔真っ赤にして必死に反論してる感じだけど、何言っても、実戦的じゃなかったから消えたんだろ。
第一、モンゴル云々については、
重装備で固めたヨーロッパ諸国軍では、モンゴルの機動性に適わなくて翻弄されてやられたのは事実だし。
大砲や銃が軍で装備されるようになって、金属甲冑が役立たずだって解ったから止めて軽装備になったんだろ。時代の流れを理解しろよ。金属甲冑なんてゴミなんだよ。

41

41.

  • 2009年02月19日 18:53
  • ID:.nOE7i1G0 #

米29や40よ
議論は結構なんだが、罵倒し合わなければ意見の表明もできないのか?

42

42.

  • 2009年02月20日 00:10
  • ID:JJrBkOq90 #

これおしっこしたくなった時どうすんの?

43

43.  

  • 2009年02月20日 00:29
  • ID:kUuo94bI0 #

米41
申し訳ない罵倒したつもりはなかったんだが甲冑の話をしているのに
突拍子もなく出てきた近代兵器があまりに滑稽だったもので

米40
>重装備で固めたヨーロッパ諸国軍では、モンゴルの機動性に適わなくて翻弄されてやられたのは事実だし。
モンゴル軍の強さは機動力だけではありません
欧州の騎士より少し軽装ですがモンゴル重騎兵の衝撃力は馬鹿になりませんし歩兵の存在も忘れてはいけません

ちなみに13世紀時点の騎士より重武装な鎌倉武士がモンゴル軍に戦術面では圧勝しています。
(元寇は揚陸戦のため軽騎兵特有の機動力を生かした偽装撤退などが出来なかった云々はありますが


>時代の流れを理解しろよ。金属甲冑なんてゴミなんだよ。
甲冑の紹介の記事でいきなり近代兵器を持ち出して否定するのは
帆船の話をしているのに蒸気船を持ち出して帆は歴史的に何の役にも立たなかったというようなものです。

古代ローマ時代やナポレオン時代を除いて
確かに上記の一連の形式の金属甲冑の活躍の場は実質2〜3世紀程度でしかないのは事実ですが
火器の登場とともに一瞬にして陳腐化したのではなく用兵の変化とともにゆっくりと消滅していったのです。

欧州が世界的に影響力を持ち出したのは火器のお陰ではなく食料事情改善による人口の増加からです。
近世の欧州は技術面では勝っていても国力の面ではアジア諸国に到底敵いません。中世では技術力すら話になりません。

>全身金属甲冑の騎士マンセーって感じだな。
騎士のみ贔屓してるわけではありません、板金甲冑の記事だから騎士や重騎兵の話になるのは当然です。
例えば大鎧や当世具足の紹介記事で奇兵隊やライフル銃の話をする者はいないでしょう

44

44.    

  • 2009年02月20日 02:21
  • ID:7dTOSx230 #

甲冑好きにはメトロポリタン美術館オススメ

武器の展示も充実してた

45

45.  

  • 2009年02月20日 15:22
  • ID:UMMFdH.c0 #

喧々諤々とにわか考証議論するよりさ

こーいうのを見て
「重たそうだなーこんなんで戦えるんかなあ」「俺は無理だなー」「でも何かカッコエエなあ」
ぐらいでホンワァとしとけよ

46

46. 1

  • 2009年02月20日 17:12
  • ID:mcTa5uic0 #

パイロット用のヘルメット1917の写真が、
正岡子規の肖像画に見えたのは俺だけでいい

47

47.  

  • 2009年02月20日 19:49
  • ID:lTvRvsze0 #

議論なり考えを述べたりする人がいる方がコメント欄も面白くなると思ってる。

48

48. a

  • 2009年02月20日 22:07
  • ID:ib8SUUlC0 #

いやマジ、コメント欄のお陰で勉強になった。
サンクス。

49

49. あ

  • 2009年02月21日 14:47
  • ID:Hq4tW8sS0 #

こりゃチュートンナイトの足が遅いのもうなずけるわ

50

50. n

  • 2009年02月21日 14:59
  • ID:dWGVOJvh0 #

一番下のパイロットヘルメットの左の奴、正岡子規に似てね?

51

51. ・

  • 2009年02月21日 15:44
  • ID:0oHqLqlN0 #

一番下の左側が正岡子規にしかみえない

52

52.  

  • 2009年02月22日 14:27
  • ID:blOuddxk0 #

最前線で戦ったかどうかはともかく
かっこいいな〜
重厚感や威圧感や荘厳な雰囲気がタマラン

53

53.  

  • 2009年02月22日 22:46
  • ID:IaBcKUKL0 #

ディスカバリーチャンネルか何かで見たことがあるが
プレートメイルは総重量は確かに重いのだけど、実際着ると重量が分散されるからそんなに重く感じないそうだ
ある程度の機動性は確保できてるし、前回り受身とか前転とか軽々やってたよ

54

54.  

  • 2009年02月23日 11:53
  • ID:ZvAcoZs10 #

重量の分散ってーと現代スポーツの防具でもそうだよな。
アイスホッケーの経験で言うが、会場への行き来で荷物として持ってる時にすばやく動ける気はしないが氷上ではガンガン行けたし。

55

55.

  • 2009年02月23日 23:22
  • ID:f35o9MTR0 #

手元の本にほぼ同じものが掲載されてるが
一枚目は仮装用甲冑の兜らしいぞ
コンラート・ゾイゼンホーフェル作
ロンドン塔兵器庫収蔵らしい
ドイツ・アウクスブルクの兜は
ザクセンのフレデリックが所用した甲冑らしい
こっちはメトロポリタン博物館収蔵らしいな
10はマクシミリアン一世がローレンツに作らせた二領の片割れ
ゴティク式甲冑の最高傑作として、並との区別でハイ・ゴティクと呼ばれるらしい

56

56.  

  • 2009年02月24日 01:23
  • ID:tjG80LRK0 #

黄金の鉄の固まりで出来たナイトが皮装備のジョブに遅れをとるはずがない

57

57.  

  • 2009年02月24日 03:01
  • ID:PVvnehrh0 #

あんなん作れるなんて凄い技術力だな
日本の鎧よりかっこよくね?
ロボっぽくて。線も奇麗だし

58

58.  

  • 2009年02月24日 07:42
  • ID:KDdCyG5Z0 #

カッコいいのと笑えるのとギャップ大きすぎるな

59

59.  

  • 2009年02月24日 12:27
  • ID:Nm5ZWRbi0 #

一番上は「へうげもの」で
誰かが被ってたような。

60

60.   

  • 2009年02月24日 16:12
  • ID:ZFk5S2Y20 #

米57
日本も南蛮具足という西洋甲冑を参考にした和鎧があるぞ

61

61.  

  • 2009年02月24日 17:48
  • ID:LCPZuai50 #

フルプレートよりフィールドプレートのほうがかっこいい

62

62. ひよひよ

  • 2009年02月24日 19:31
  • ID:1BPtONr60 #

金で飾られたやつ、ウルトラマンティガにまんまのがいたなぁ。
前編後編に分かれていてけっこう怪奇大作戦な臭いの漂う怖い感じの物語だった。
しかしまんま過ぎるなぁ。
マニアがいたんだろうか。

63

63.  

  • 2009年02月24日 23:49
  • ID:K.Zu0JqY0 #

それにしても、どれもこれも視界が極めて悪そうだよな。
こんなんで本当に戦闘なんてできるのかね。

64

64.  

  • 2009年02月25日 12:38
  • ID:V5.x.VE20 #

突撃直前に背中かゆくなったらどうすんだろ…

65

65.  

  • 2009年02月26日 03:48
  • ID:QF8FIUFi0 #

キモいな
日本の甲冑の方が好きだ

66

66.

  • 2009年03月09日 14:56
  • ID:o3ZOIF280 #
67

67.  

  • 2009年04月04日 22:18
  • ID:9TdTFLyt0 #

現実では英仏百年戦争において、フランスの重装の騎士がイングランドの軽装の歩兵にあっさりと狩られている。
重く・蒸し暑く・視界も無いに等しいので実戦には不向きだが、騎士というプライドが鎧を脱ぐ事を許させなかった。

68

68. あらん

  • 2009年04月24日 02:32
  • ID:vFUgse.f0 #

軽装歩兵厨はその話ばっかりするよなw

69

69.  

  • 2010年06月04日 18:13
  • ID:Irz0ulqs0 #

※67
クレシーの戦いについて言っているのなら、あれは山地に杭を打って陣を構えたイングランドの戦術が勝っただけだぞ。
ついで、雨で土がぬかるむという天佑もある。
あと、フランス軍は実質貴族の寄せ集め+傭兵で、国軍ではなかったという指揮系統の問題もある。

まあ結局、杭が一番つよいってこった。


平野において、装甲騎士のランス突撃は実際脅威だよ。

70

70.

  • 2011年01月27日 18:16
  • ID:RCBX897.O #
71

71.  

  • 2011年06月03日 05:59
  • ID:Avd.pb9h0 #

>>68=ドーガ

72

72.  

  • 2011年06月03日 22:49
  • ID:9YY.5y.o0 #

日本の鎧甲冑は機能美
西洋のは厳しいだけで美しくない

73

73. bob

  • 2011年06月04日 23:28
  • ID:KaGx7.xj0 #

呪われた公子ゲイナーがいっぱい

74

74. ふぇ

  • 2011年07月02日 21:33
  • ID:5hnQEfVi0 #

体はともかくあんなバケツかぶってたら横や後ろからポコッと
叩かれただけで終わりでしょ・・・

75

75. 足軽

  • 2011年08月30日 04:47
  • ID:8tThpZ.y0 #

甲冑かっちょえ〜 でも実際には着て戦いたくはないね
ガチャガチャペチペチ戦って 疲れてこけたところを
鎧徹しか鈍器でやられちゃう RPGなら好きなんだけどね

76

76. ダークナイト

  • 2011年09月25日 00:36
  • ID:Bn0DISiG0 #

シールドウォール体形を打ち破れるヤツなどいるものか。300をみてみろ、グレネードランチャーでもきかないぞ

77

77.  

  • 2012年02月03日 15:03
  • ID:rJ9CWBba0 #

一枚目が完全にダクソのドーナル

78

78.

  • 2012年02月03日 19:57
  • ID:n.AGFUsd0 #

ドーナルだなw これがモチーフだったんだなぁ

79

79. あふん

  • 2012年02月12日 06:17
  • ID:hW.nUIIb0 #

下馬騎士というのもあったみたいですね。
適当ですけど、機関銃が登場する頃までは練度や精神力がものをいってたんじゃないですかね。寡兵や兵站が洗練されていないだけにそこで差がついたりして、装備云々以前に中の人のコンディションで勝ち負け決まってそう。

80

80. .

  • 2012年03月01日 02:19
  • ID:tAva2HKw0 #

ブルースター防護服、何発か喰らってね?
しかも完全に弾いてる。重いには重いが効果があったのね

81

81. 匿名処理班

  • 2012年04月09日 10:15
  • ID:cg.QAaEB0 #


「過保護すぎて動きが鈍くなる」というのは古今東西で割と起こっている模様。
「武器の威力と機動性の勝る天敵が現れず自分の動きの鈍さに気付かなくていい」場合はそのままだが、そうでは無い場合、淘汰される。
日本では日本刀(大太刀、長巻)、槍、和弓と威力の高い武装が多かったので
なかなか西洋のような全身をむやみに板金で覆うというのは流行らなかった。
=======================================
「懲秘録」
賊(日本軍)は歩兵で、打ち振る刀は、三、四尺におよび、鋭利無比のものであった。
賊はその鋭い刀を左右にはげしく打ちふるい、人馬の区別なく斬り伏せた。
全くその勢いには抗すべき道がなかった。
日本人はよく刀槍を用いる。
我々には堅甲がないゆえ日本人に敵わない。
そこで厚鉄を用い全身鎧を作り
この鎧を着た兵士を敵陣深く切り込ませようと考えた。
取り敢えず、全身鎧の見本を製造して、
これを試用したが、とてもその重さに堪えられる兵士がおらず、これを廃した。
=======================================

82

82. 匿名処理班

  • 2012年10月18日 17:35
  • ID:1Muk3CpP0 #

夏は火傷。冬は皮膚がくっつきそう…。
大変だったんだな…

83

83. 匿名処理班

  • 2012年10月18日 18:38
  • ID:GDVvDHNJ0 #

とは言え、現代の兵士だってボディアーマーの形で鎧を着てるといえば着てるよね
兵士一人あたりの装備重量って、結局昔の大層な鎧と同程度の重さになるんだっけか

84

84. 匿名処理班

  • 2012年10月18日 19:20
  • ID:oG6GRDq.0 #

戦いの途中で俺もうだめ重くて動けない・・・という場合も多かったろべなあ。

85

85. 匿名処理班

  • 2012年12月04日 04:13
  • ID:kYuFT.qs0 #

見出しのヘルメットがスッゲー面白い形してるな。
俺からしてみりゃ、完全にベルセルクの世界だわ。ほんとは逆なのにね。

86

86. 匿名処理班

  • 2012年12月04日 11:02
  • ID:B6UTAwcB0 #

なんかぼんやりだけど忍者を恐れる理由を垣間見た気がする

87

87. 匿名処理班

  • 2012年12月05日 14:24
  • ID:oEkFEQFW0 #

>>42
基本垂れ流しだったらしいぞ。んで従者が甲冑に水ぶっかけてたらしい

88

88. 匿名処理班

  • 2012年12月05日 17:17
  • ID:PnkQzEx40 #

西洋甲冑、俺は美しいと思うぞ
俺も一着欲しい、全身を金属でがちがちなんて興奮する
これを来て街を歩けば何も怖くない気がする
重さに喘ぎながら全力疾走してみたい
銃刀法にはひっかからないよね?

89

89. 匿名処理班

  • 2013年01月24日 16:35
  • ID:vCRUK0JH0 #

>>88
甲冑着て歩いてたら捕まるから安心しろ

90

90. 匿名処理班

  • 2013年02月05日 07:03
  • ID:XfyeiOn.0 #

相手を殺さないのが騎士道

91

91. 匿名処理班

  • 2013年11月30日 23:48
  • ID:cNFJQJdC0 #

全身金属で固めた板金鎧がはやり始めたのはモンゴル軍が台頭していた時代よりずっとあとのことだよ。モンゴル軍と戦ったドイツ騎士団なんてバケツ兜だけで基本サーコートと鎖帷子だけだったし、そもそもモンゴル軍は機動力もそうだが戦術で他の国を圧倒していたわけで、決して足の遅い重装騎士が相手だったから強かった訳じゃない。少なくとも12世紀ぐらいまではペルシャやインドの軍隊のほうがよっぽど重装備だった。甲冑はゴミだの騎士を持ち上げただけで「顔真っ赤にして反論」だの大胆な主張(中傷?)は結構だが、その主張を裏付ける根拠をまともに用意できないのは恥ずかしいと思うぞ。

で挙句の果てに論破されて逃げる。ゴミカスもここまで来ると清清しい。

まぁ重装騎士が隙だらけなのは認めるがね。やはり300人のラケダイモンのファランクス最強ということでw

お名前
※投稿されたコメントはブログ管理者の承認後に公開されます。
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク
おすすめリンク集