RSS速報

スポンサードリンク
no title

 クッションの上に横たわるぬいぐるみ。そこに駆け寄る1匹の犬。だがその犬がぬいぐるみ以上にぬいぐるみ感を演出していて、どっちが生なのかわからないレベルとなっている。
スポンサードリンク
top_e

 インドネシアのスラウェシ島に住むトラジャ族は、年に一度、墓に埋めた死者の棺を掘りだし、遺体を取り出すという風習がある。

 故人の遺体を保存し、先祖を敬う儀式を行う地域は世界にもいくつかある(関連記事)が、この村の住民は、ミイラ化した故人の遺体をいったん墓から取り出した上で新しい服を着せ、身なりを整えるのだ。彼らにとって、これは大切な故人を偲ぶ儀式なのである。
スポンサードリンク
0_e1

 スパイとは、敵対勢力などの情報を得るため、諜報活動などをする者のことである。映画や小説の題材として、古くから人々の想像力を掻き立ててきた。

 そうした中にはまったくの嘘や都市伝説もある。だが、中にはフィクション作品の想定通りの事実も含まれている。海外サイトでまとめられていたスパイに関する10の事実とやらをみていこう。

 もしかしたら君の良く知っているあの人がスパイなのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。
top

 女性の美しさと価値が細さと等しいものになってからというもの、様々な減量法がブームとなり、消えていった。その中には「なぜそれをやろうとしたし?」というたぐいのわけのわからないものも多く存在した。だがたとえ効果が疑わしいダイエット器具やダイエット法であろうと、楽な方法で理想の体形を目指す女性にとっては見逃せないものなのだ。

 そんな女性心理を巧妙についた、びっくりどっきりのダイエットに関する記事や広告ポスターが集められていたので見ていくことにしよう。
no title

 トレイに牛乳を注ぎ込み、そこに何色かのアクリル絵の具を入れ、その上から食器用洗剤を注ぎ込むことで未知なる宇宙を彷彿とさせる色鮮やかな世界が広がるという。

 そこには科学的反応が隠されているようだが、とにかく我々は様々な色が織りなす無限のかなたへと旅することにしよう。
top_e

 海外のとある家族が納屋でひとりぼっちの子猫を見つけた。親猫も現れないので家に連れ帰ったところ、運命の見えない糸が結ばれていたようだ。この家の息子と子猫はお互いに一目惚れをしたらしい。

 それ以来、男の子と子猫は切っても切れない仲となった。
0_e4

 同じ家族が1つとしてないように、家庭の味もみんな違ってみんないい。卵焼きはもちろん、肉じゃがもその違いが顕著に表れる。

 使用する肉だって違うし、ジャガイモもトロっとさせるか、きっちり形状を残すか、更には味付けだって甘い系、しょっぱい系と様々だ。

 だもんだからよその家の肉じゃがを味わってみたくもなる。各地のご家庭をめぐり、肉じゃが食べ歩きの旅に行きたくなるくらいだ。

 ってことで今回は、カラパイアの料理人、クマ姉さん家に伝わる秘伝の肉じゃがレシピを紹介しよう。ポイントは豚肉を2種、じゃがいもは2種類たっぷり入れることで味に深みと食感をアップさせているところだ。
00_e

 植物がコミュニケーションを行っているという証拠は増えつつある。植物は学習することもできるという報告結果も相次いで報告されており、もしこれが正しければ、植物は情報を蓄え、伝え合うこともできるということになる。

 最近では植物、特に木々には知能や記憶、さらには感情があるのではないかと考える科学者が増えているという。
 
 まさか!と思うかもしれない。だが、木々が互いに話し合い、苦痛を感じ、助け合い、仲間の世話をし、コミュニティまで形成することを知れば、植物に知性や感情がないと断言するほうが難しくなる。
no title

 これもある意味フードファイト。1つの皿にはキャットフードが盛られていたわけだが、猫は2匹である。だもんだから押し合いへし合い取り合い戦争が勃発するわけなのである。
no title

 2016年6月(日本では7月)に公開された映画「死霊館 エンフィールド事件(THE CONJURING 2)」は、アメリカでは有名な、超常現象研究家のエド&ロレイン・ウォーレン夫妻を主人公にした『死霊館』の続編で、1977年8月から長期間続いた、イギリス・ミドルセックス州のエンフィールドで実際に起きたポルターガイスト現象を題材として扱ったホラーな恐怖映画である。

 そのブルーレイ・DVD発売を記念して、こんな大がかりなどっきりが敢行された。ウェアハウスで行われた映画視聴会に招待された人々に映画を観てもらい、その後感想が聞きたいと言って地下にある別室に1人で来てもらう。

 そこにはこんな身の毛もよだつ仕掛けが・・・
0_e2

 月と言えば卓球の福原愛ちゃんがクリスマスに現在の旦那さんである卓球台湾代表・江宏傑選手に月の土地をプレゼント、自身も購入して「2人は月でも隣同士(はぁと」ってことで話題となっていたが、月の土地、あたいも持ってます。隣は誰だかわかりませんし人間じゃないかもしれません。うんそう、月でもボッチ...とかいう前フリは置いておいて、今回は月の話だ。

 過去には様々な「第2の月」の存在が提唱されたが、今のところ月は地球で唯一の衛星だ。そんな月に魅せられて、地球上の人類は、歴史が始まって以来、ずっと月を観察し続け、前世紀には人を直接送り込むことにも成功している。

 その後も科学技術の発達とともに新しい知見が次々と得られている。ここでは、月に関する面白い事実を紹介しよう。
top

 ディズニーが好き、中でもプリンセスが大好きというお友達は多いと思う。それは小さなお友達からはじまって大きな大人ですらも、男のお友達ですら魅了するのだ。

 米カリフォルニア州のフリーメイクアップアーティストの男性は、自らがプリンセスに扮し、その姿をSNS上で公開したところ、プリンセスたちのイメージが忠実に再現されていて、すごく姫っぽいとして話題となっている。
no title

 フェイスブックユーザー、Game of Cobrasさんはヘビが大好き。いろんな種類のヘビを飼育しているという。そんな中、アスプコブラ(エジプトコブラ)の赤ちゃんがたくさん生まれたそうだ。

 何匹いるか、君はわかるかな?
1_e0

 凍らせた食品の解凍方法は何が一番良いのか?海外では冷凍庫から冷蔵庫に入れゆっくり解凍するのが一番いいと信じられている。

 だがこれは科学的には間違いなのだという。
 ではどうすればよいのだろう?
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク
おすすめリンク集