RSS速報

スポンサードリンク
0_e4

 昨今のカンガルーの鍛え抜かれた肉体とかそりゃもう半端なくて、その筋肉の暴力に人間はただただ圧倒されるばかりなのである。

 そんな中、愛犬がカンガルーにスリーパーホールドをかけられているのを目撃した飼い主。飼い犬を逃がすとこのカンガルーに立ち向かい、素手で真っ向勝負を挑んだのだ。

 その結果・・・
スポンサードリンク
サムネ
 
 我が家にやってきたばかりの殿は、生後5〜6か月のヤングサイズだった。体長は20僂曚匹世辰燭と思う。性格は穏やかで好奇心旺盛、突出した食欲を持つカメレオンだった。

 あれから一年が経った。

 カメレオンの成長スピードは圧倒的に早い。今ではその大きさは2倍以上となり体長は50僂鯆兇┐拭2困笋だと思われた性格も大胆になって「殿」の名に負けぬ貫禄が出てきた。
スポンサードリンク
1_e1

 アメリカ、カリフォルニア州を拠点に活動しているカメラマンのセシリア・サンチェスは、今から11年前、23歳のときに母親になった。そのとき言われたママ友からの嫌味はなかなか忘れられないものだった。

 「子供を託児所に預けようとしたとき、何と言うか……他のお母さんの冷ややかな視線をビシビシと感じたんです」とサンチェスさん。

 そこには見えない壁のようなものが確実に存在しており、『あら、ずいぶん若いお母さんね』とか、『母親には見えないわ』みたいな反応を何度もされたという。『母親に見えない』という言葉に違和感を感じていたという。

 そうした体験からサンチェスは、ネットを通し友達や見知らぬ人たちに働きかけて、あるポートレートプロジェクトを立ち上げた。

 彼女は自分のポリシーを貫きながらきちんと子育てに向き合い、日々奮闘する一般的な母親像とはかけ離れた現代の”非典型的”な母親たちの姿を写真を通して人々に見てもらうことにしたのだ。
0_e2

 ドイツは世界一のリサイクル国だと言われている。その理由はいったい何なのか?もちろん国民性もあるだろう。だがドイツ人がリサイクルに積極的になるのは、こんな理由があったのだ。
no title

 いつ何時その扉が開くかはわからない。だがこの犬の場合にはたまたま、椅子に掛けてあった飼い主のフリンジバッグが体に触れた瞬間にピキピキ〜ンときたのだろう。

 この感覚は。。。
 キラ〜ン!★

 目覚めちゃったからにはあとは何度も何度でも
 フリンジの間を行ったり来たり。
top

 公共の交通機関においては、見ず知らずの不特定多数の人間が一定時間一つの空間を共有することとなる。そこではめったにお目にかかれないような光景を見ることがある。

 特に一度乗ってしまうと、席の移動も、途中下車も困難な飛行機内では、思わず誰かに教えたくなるほどの出来事が発生することがある。

 そういった光景はSNSでシェアされていくこととなるわけだ。さてどんな場面を目撃してしまったというのだろう?
0_e0

 警察とは、実力をもって社会の治安を維持する組織である。社会の法を守り、正義を行い、善良な市民を守り、犯罪者を捕まえ被害者を助けるために存在するはずだ。

 しかし残念なことに、必ずしもそうとは限らない場合もある。警官だって人間なので、道を踏み外してしまうこともあるのである。だが世界の一部の地域では、権力を振りかざし、それがあたりまえのようなってしまっている国もある。

 ここでは実際に起きた事件を踏まえながら、その国の警察と接触するときは細心の注意を払わなければならない15の国をあげてみよう。
top_e

 オランダを拠点にする写真家のエイドリアン・ソンムリングは、デジタルアートやウェブ開発、グラフィックデザイナーの経験とスキルを活かし、国内外の仕事をこなしているアーティスティックなお父さんだ。
 
 もともと超現実的なシーンを作り上げることが好きだった彼は、仕事の合間に息子を主役にしたワクワクする冒険の一幕を得意の画像加工で表現し、楽しんでいるという。

 まるで映画の主人公になったかのような少年のアドベンチャーファンタジーなコラージュの数々を見ていこう。
0_e1

 海外の診断系インフォグラフィックを紹介するサイトにて公開されていた色占い。好きな色であなたの性格がわかるという。もちろんこういった占いの類は、バーナム効果が発動されているので、そこそこは当たっていると感じる部分もあるんじゃないかな?

 というか改めて自分の好きな色を再確認できるというところが一番のポイントだったりするのかも。好きな色ってその時の気分で結構変わるからね。
5_e1

 ミニブタは赤ちゃん時代は本当に小さくて、このままミニミニ状態なのかと錯覚してしまいがちな飼い主が多いが、実際にはミニと称されていても30〜50キログラムになるから覚悟しなくてはならない。だがそれでも、小さい時からともに暮らしていたらもうかわいくって仕方がない。そしてとても良くなつく。

 だってブタってば、犬にはできないとされる鏡像認知ができ、その知能はチンパンジーとほぼ同等と言われるほどに賢いんだもの。

 だもんだから一度ペットに迎え入れたら最後、その人間の下僕度は猫をもしのぐのだ。イギリス、サマセットに住むハンナ・ケンブリーとマイク・バクスターは、ジンジャーミニブタのペニーが生後8週のときに家族に迎えた。それからというもの、ペニーを甘やかしまくった結果、現在9ヶ月のこのお嬢さまはまるで人間のように家でくつろいでいる。
0_e3

 チャーハンに、ラーメンに、丼もの、あるいはおつまみとしても楽しめる応用自在、あると便利で保存可能な焼き豚という名のチャーシューは、年末年始に是非作っておきたい一品だ。

 この時期、豚モモかたまりはどこのスーパーにも売られているのでパパっと作って冷凍保存しておける。チャーシューは食卓を救う救世主ちゃんなのだ。

 ということで今回はカラパイアの料理人、クマ姉さん家秘伝のオーブンいらず、簡単でうまいチャーシューの作り方を紹介しよう。まじこれ飯テロ警報なんだからもぅ。
 
top

 写真家でありアーティストのマルセル・ヘイネンは、母国オランダから香港に引っ越した時にあることに気が付いた。香港の古い店はたいてい猫を飼っていて、店の中を猫たちが自由自在に動き回っているのである。

 その風習はもちろん単なるネズミ対策だけではない。それは猫とのふれあいを楽しむ店主自身の癒しでもあり、猫を愛するお客との交流にも役立つ。猫は彼らにとってなくてはならない大切な同居人なのだ。
 

 
ba4e7d23

 オーストラリアは目を見張るような景色と珍しい動物たちが存在する場所であり、最高の一枚をカメラにおさめたいと願う写真家たちの競いの場でもある。

 オーストラリアが主催する自然写真家コンテスト、オーストラリアン・ジオグラフィック・ネイチャーフォトグラファーオブザイヤー(Australian Geographic's Nature Photographer of the year) もそうした競技の場の一つだ。このコンテストでは、現地の独特な地理条件や、その環境で暮らす生物に着目した見事な作品が毎年選出される。
 
 その2016年度の入賞作品が海外サイトにて紹介されていた。
00_e

 クローディ・エニュレ(1957年5月13日〜)は、1996年のソユーズTM-24をはじめ、以後ソユーズTM-23、ソユーズTM-33、ソユーズTM-32に搭乗し、25日と14時間22分宇宙に滞在したフランス初の女性宇宙飛行士である。

 名実ともに優れた宇宙飛行士であり科学者でもあるクローディだが、2008年に自殺未遂をはかっていたという。その時に「地球は警告されるべきよ!」と叫んだ事に関する考察動画がUFOmaniaというグループによってyoutubeに投稿された。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク
おすすめリンク集