RSS速報

スポンサードリンク
no title

 ニコンのNikon デジタルカメラ COOLPIX P900 光学83倍 1605万画素で撮影したという月の映像だが、クレーターまるわかり、ここまで綺麗に見えることにもうびっくりだよ。今後の天体ショーはこのカメラがあればちょっとした天体望遠鏡代わりになるな。
スポンサードリンク
0_e8

 ご存じのように北半球と南半球では生態系が異なる。オーストラリアは昔から世界でも最も危険な蛇が多く生息する国として知られてきた。ここでは、オーストラリアに生息する最も危険な蛇を10種類ほど見ていくことにしよう。そのオーバーキルっぷりに恐れおののくことだろう。

スポンサードリンク
2

 とある科学者のシュールな日常をお見せししよう。外気と遮断された状況下で作業が可能となるように、内部に手だけが入れられるよう設計されたグローブボックスと呼ばれる実験装置に設置されたゴム手袋。これをひっくり返してあろうことか空気を注入し外部に押し出した。でもって何をするかと言えば・・・
no title

 ラブラドールMIXのインディさんはコーギーのブーさんに対していつもやさしい。インディさんの持っているおもちゃをすべて欲しがるブーに対し、いつも譲ってあげてるインディさん。この骨も結局は譲ってあげたわけなのだが、でも本当はずっと噛んでいたかったようだ。

 そこでインディさんは考えた。インディさんの持っているものを何でも欲しがるブーに対し、こんな作戦にうってでたのだ。
0_e1

 若さゆえというかなんというか、高いところに恐怖を感じない人々が一部存在する。パルモも子供の頃は木登りとか得意だったのだけど、今ではサンシャイン60のレベルでヒヤっとするようになってしまった。年を取ると変に防衛本能が働くものだ。守るものなど何もないのに・・・

 てことでここでは怖いもの知らず過ぎる若者たちの高所写真を見ていくことにしよう。
no title

 真っ黒に変色してしまったバナナを黄色いバナナに戻す方法があるという。用意するのはお米(ジャスミンライス)とジップロック、そしてドライヤーだ。中身すら元の色に戻っているようにも見えるんだけどほんとに?ほんとなの?
0_e4

 食べ物に関するガイドブックは、巷にあふれている。ミシュランのような有名どころから、庶民的なハンバーガーに至るまで、この手のガイドは日々ネット上に氾濫している。

 そんな中、アントニオ・キャスコス・チャミゾが一風変わったフードガイドをネット上にて公開した。タイトルは、『食うか、食われるか。人体解体図つき人喰いのすすめ。マンゴータルタルソースがけ人肉ミンチ料理と、人肉テンダーロインのりんご果汁煮のレシピつき』である。
 
no title

 日本人とアメリカ人の国際結婚カップルが、アメリカ人の友人夫婦と共に蔵王キツネ村に訪れたときの旅行記だそうだ。キツネたちの魅力を余すところなく紹介してくれている。英語でレポートしているが日本語字幕がついているよ。

 人懐っこいキツネたちに囲まれて、最初はキツネにまったく興味がなかったという友人も、最後には愛狐家になってしまったという。
3_e3

 コンテンポラリーダンサーでありパフォーマーであるYann Marussichは、究極のバイオ・ボディーアートを完成させた「BLUE REMIX」と呼ばれるこの作品は、大量の青色色素を摂取しガラス張りのケースに入る、まるで青色の血を流すがごとく体から青い液体が流れ、汗までもが青く噴き出した感じとなっている。

 ちなみにこの作品はスイスのパフォーマンス・アーティスト賞を受賞したそうだ。
6_e

 秘密結社とは、一般的に団体結社の存在や、組織内の活動などを外部の人間に対して秘匿しているある目的を遂行するために結成された団体、会である。

 秘密結社は遥か昔から存在していた。その隠ぺい性がミステリー好きな我々に様々な妄想を描かせ、陰謀論などの題材となった。今回登場する10の秘密結社は良くも悪くも実際に歴史に影響を与えた事が確認されている団体である。
1_e6

 お皿の真ん中には動物が鎮座。その上から細心の注意を払って植物やドット、リボンが手描きされた美しくかわいらしいセラミックボウルは、ヘラ・ヨンゲリウスの作品である。陶器は1747年に創業の伝統あるドイツ、バイエルンの ニンフェンブルク社のものが使用されている。
no title

 アメリカの消費者製品安全委員会がワシントンD.C.のナショナル・モールにて、花火の安全性をテストする実験が行われた。マネキンに花火を取り付けて点火させ、どれくらいの威力があるのかを確認するわけだが、えっ?そんなに??ってレベルでマネキンたちの手が、頭がポポポポーンとはじけ飛んでいくのである。
4

 幻想的なクラゲが好きだ。でも刺されるとちょっと困る。そんなあなたにおすすめなのが、親日国としても知られるパラオ、マカラカル島にある塩湖、ジェリーフィッシュレイクである。

 ここのクラゲは外敵が全く居ない生活をしているため、身を守るトゲが退化してしまったそうで、刺される心配がまったくないのだそうだ。今回公開された映像を見たら、クラゲ好きならもういてもたってもいられなくなっちゃうレベル。
jeffreys-bay-backpackers_e

 priceoftravel.comのバックパッカー指数は、ホテル1泊、食事3食、公共交通機関2回分、観光1回、飲み物3杯の価格に応じて各都市を評価したものだ。目的地が東南アジアの熱帯雨林であれ、ヨーロッパであれ、懐に優しい25ヶ所の激安エリアをご紹介しよう! なお、指数は1ドル=約122.6円で換算したものだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク
おすすめリンク集