RSS速報

スポンサードリンク
1_e53

 以前から発がん性物質であると考えられてきたアルコールだが、具体的にどのがんの原因になるのか特定することは困難であった。

 今回、ニュージーランド、オタゴ大学の研究者はアルコールとがんに関する厖大な先行研究を徹底的に調査し、アルコール以外の影響を除外することで、その有害な役割を確かめた。その結果、7種のガンはアルコール摂取に直接関連していることが判明した。それはほどほどの飲酒であっても同様だそうだ。
スポンサードリンク
no title

 わりこみは猫界にも存在するようである。たくさんの猫が仲良く並んでお昼寝をしていたところ、忍び寄る1匹の猫・・・さあ、どうなる!
スポンサードリンク
top

 アメリカのカリフォルニア州でライブ会場として使われていた元ボウリング場が、大がかりなリノベーションによっておよそ90年ぶりに本来の機能を取り戻し、当時の面影を残しながらもスチームパンクなボウリングバーへと生まれ変わったという。

 近代的な技術が施されながらも、元の設備や構造をできる限り生かす形で仕上げられたレトロでクールなこの遊技場は地元でも人気を集めているようだ。
0_e54

 インターネットが登場する以前から陰謀論は存在したが、ネット時代となりさらに加速がかかっているようだ。人は自分の信じたいものしか信じない

 例え科学的根拠があろうとなかろうと、自分の信念が裏付けられる情報のみを集めるので、陰謀論者に何を言っても聞き入れてくれることはない。だが人間の脳がそういう風にできているということは、防衛本能の1種として、あるいは多様性という観点において、一定数の割合で陰謀論を信じる人の存在も必要ということになるのかもしれない。更には「陰謀論」と人々が切り捨てたものの中に本当の真実が潜んでいるのかもしれない。

 ここでは、最近アメリカでまことしやかに囁かれている10の陰謀論を見ていこう。陰謀論は話題となるニュースの影に必ず沸いてでてくる。選挙戦も近いあの人物のことから、社会現象となったポケモンGOに関することまで、もう人間の存在自体が神の陰謀と言えるレベルでいたるところに陰謀論は存在する。
00

 運べるし乗れる、そんなキャリーケースが登場したようだ。「Modobag」はインターネットで資金を募るクラウドファンディング「Indiegogo」で早くも予算の3倍以上が集まり商品化が決定した。

 歩くより3倍速く移動できるというどっかの赤いヤツみたいなこのキャリーケース、最高速度12.8kmでキャリーケースに内蔵されたバッテリーをUSB電源で充電。約1時間弱のフル充電で10劼琉榮阿可能となる。
top

 海の中にはさまざまな生物が存在するが、海底でふと、ビビットな体色とユーモラスな姿でひっそりと暮らすウミウシを発見すると得した気分になるダイバーは多いという。ウミウシを探しに世界の海に潜るダイバーもいるほどだ。

 派手な外見だけど動きはスロー。そんな彼らの魅力を再発見できる写真が海外のダイビング専門サイトで紹介されていた。種名が添えられていないものがほとんどだが、卵を慈しむ様子やエビと共生する様子などが美しくとらえられている。これまでのウミウシ記事のおさらいも含めて楽しんでいただきたい。
1_e47

 ハロウィン用に可動式翼を自作したという海外コスプレイヤーのアレクシス・ノリエガさん。空気を送り込むことでその素晴らしい翼が開く。
00_e6

 犬は人間の3倍の速さで生きていると言われていると言われている。例えば8時間外出してたら犬時計ではまる1日飼い主がいないということになるのだ。待ってる時間は寂しいしストレスもたまるだろう。

 だもんだから長い留守番を強いられる犬は室内のあらゆるものを破壊したりする問題行動を起こす研究結果もでている。あるいは「鬼のいぬ間に」的な意味で普段はダメ!と言われていることを積極的に試したくなったりすることもあるだろう。

 そんな犬が犯人だった場合の室内の惨状がわかる画像が海外掲示板にまとめられていた。
1_e49

 心を読み取り、思考を言葉にしてしまうデバイスが間もなく実現するかもしれない。数年に渡る研究の末、ついに人の脳内の単語を再生することに成功したのだそうだ。

 アメリカ、カリフォルニア大学バークレー校のロバート・ナイト(Robert Knight)教授のチームは、言葉を聞き、話し、想像するときに、脳の領域がどのように重なり合い、関連するのか研究してきた。
00

 観光客のお嬢さんが奈良の鹿にお菓子をプレゼント。その後お辞儀をしたところ、鹿もきっちりお辞儀を返す個体もいるそうだ。
no title

 イリノイ州シカゴを拠点に活動しているデジタルアーティスト、デビッド・ブロデューアは、毒々しい色合いと形で架空の生命体を生み出している。

 実際に地球上に存在するべリーのような植物や果実、粘菌や結晶をモチーフにしているので、もしかしたら一瞬、本当に存在するのかもしれないと思うほどのクオリティーだ。あるいは宇宙のどこかで、こんな生命体が存在しているのかもしれない。

 ということで集合体だったり、うごめいていたりする生命体が多種多様に生み出されているので、トライポフォビアの人の場合には閲覧注意だ。
0_e1

 最愛のペットであり、忠実な見方、親友であり、ときに崇め奉られる対象となった動物たち。古代から生活を共にし、愛され、死後もなお永遠に不滅となった動物たちがまとめられていたので見ていくことにしよう。
1_e45

 世界中で最高気温が更新されている。今年5月、インドで史上最高気温となる51℃が観測されたが、7月21日、クエートのミトリーバでそれを上回る54℃が観測された。

 54℃という外気温がどれくらい暑いのか想像もつかない。家のお風呂の温度が42℃だけどそれでも熱いと感じるのにそれよりもっと暑いとか・・・
1

 タイ、パタヤのサファリワールドでは、ワニの口の中に手を入れるというショーを開催しており、たまにパックン系のアクシデントが起きるわけだが、これは人為的なアクシデントである。

 想定外のアクシデントなわけだが、パックンされなくて本当によかった。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク
おすすめリンク集