RSS速報

スポンサードリンク
1_e0

 最近パラレルワールドと呼ばれる多元宇宙に関しての議論が活発化しているようだ。

 オーストラリアのグリフィス大学ハワード・ワイズマンの研究チームは量子物理学を元に、私達の宇宙とパラレルワールドである「多元宇宙」がお互いに量子的に影響し合っている可能性があることを発表した。この研究はphysical review Xという物理学誌に掲載され、研究チームのリーダーは「ミカエル・ホール」という人物である事が発表されている。
スポンサードリンク
0_e3

 イタリア・ヴェンゾーネ村の人々はミイラとなった自分たちの先祖の姿を見て首を傾げている。大聖堂に眠るこの故人の遺体は、数百年という長い年月を経ても全く朽ちていないのだ。この完璧なまでのミイラ化を行う手法はつい最近まで謎だったようだが、近年やっとその技術の片鱗が見えて来たそうだ。
スポンサードリンク
20

 思わずもらい泣きしてしまいそうになる、クリスマスに犬をプレゼントされた人々の反応映像だ。アメリカではあらかじめ、ウィッシングリストに欲しいものを書いておくのだが、新しく家族の一員を増やすにはプレゼントする側も一緒に面倒を見ていくこととなる。そのために強い覚悟が必要となってくるのでなかなかその願いが叶うことがないわけで、それが叶ったというのだから喜びもひとしおだ。

 子どもからお年寄りまで、あまりの感動にうれし泣きしてしまうようだ。
0_e3

 爬虫類も相当かわいい。というかフトアゴヒゲトカゲ飼いたい病が、爬虫類ならどの子でも飼いたい病へと悪化してしまいそうなほど、かわいくって、愛おしすぎる爬虫類たちの画像がまとめられていた。トカゲとか結構なついたりする個体もいるから、たまらないよな。
0_e

 そこに木があるなら登ってみたくなる。ぶらぶらとぶら下がっているものがあればじゃれついてみたくなる。だって猫だもの。本能の赴くままに行動した結果、クリスマスツリーの飾りつけの一部となったり、盛大にぶち壊したりすることとなる。だがそれでいい。だって猫だもの。
no title

 真っ赤な帽子に白い顔。とってもかわいい『いちごマン』は、百円ショップで売っているくり抜き器があればだれでも簡単に作れるという。クリスマスケーキの飾りつけにももってこい。そのままスイーツとして食べてもおいしそうだ。
0_e2

 デジタルの時代となった現在、アニメーションの描画は昔ほど大変ではなかったが、1950年代のアニメーターたちは様々な苦労があったようだ。

 上記写真の男性たちは変顔マニアとかではない。キャラクターたちの表情を出すため、自らがモデルとなり、鏡を使って自らが表情を作って、それをキャラクターに置き換えて描き写すという作業をしていたそうだ。
0_e0

 何かをきちんと記憶しておくには、紙に書き留めることだという話は聞いたことがあるだろう。テスト前に覚えなきゃならないことを、覚えるまで何度も書いていくという学習法なんてのもある。

 だが、米カリフォルニア大学が新たに発表した論文によれば、なんとデジタル世界でも似たような効果が得られるという。ただファイルを保存しておくだけで、記憶するうえで役に立つというのだ。
1

 前回お知らせしていた、カラパイアのゆるかったりそうでもなかったりするキャラクター、オードドと愉快な仲間たちのLINEスタンプが遂に本日より販売開始となったよ。

 キャラクターデザインは、むっちり村でおなじみのアニメ作家、谷口崇先生が渾身の力を振り絞って作ってくださった。40種のスタンプの内容は、パルモがよく使う言葉や動作を元に作られているので、人によっては使いやすかったりそうでもなかったりする。
0_e0

 見ていて不思議な気分になれるまさに次元を超えたアニメーション作品だ。2次元世界の中でウサギと鹿は楽しく暮らしていたが、ある日テレビのチャンネル争いがきっかけで、テレビが壊れてしまう。壊れたテレビの中から出てきたのは不思議な立方体。

 鹿はこの3次元の象徴である立方体のことが頭から離れなくなり、その謎を解明すべく毎日寝る間も惜しんで研究を続けていた。そしてある瞬間、鹿の体に異変が起きる。
0_e

 来年の旅行先を探しているなら、このリストは役に立つだろう。ナショナルジオグラフィックが、2015年にぜひとも訪ねるべき世界のスポット20を選んだ。

 旅の達人たちが選んだ第一位はフェロー諸島。そして雑誌編集者が選んだのはインドの中心地、コスタリカの魂を揺さぶられる島、日本の仏教の中心地などだ。そのおもな7つの場所をあげてみよう。
1_e11

 2億年以上も前から、その形を変えないまま、現在まで生き続けていることで、生きる化石と言われているカブトガニだが、このカブトガニは人類にとってなくてはならぬ存在なのだという。正確に言えば、カブトガニから採取される青い血液が人類に大いに貢献しているのだ。

 カブトガニの青い血液は細菌汚染試験に利用されており、医療の現場で無数の命を救っている。その為に今も、カブトガニは血液採取工場にてその血液が採取されているそうだ。
no title

 ちょっとしたコツを覚えれば誰にでも簡単にできてしまうという、「宙に浮く球」。いや盲点だったわー、これはちょっと想像を超えてたわー。っていうことで、種明かしも含めて動画を見ていくことにしよう。レッツエンジョイボール!
名称未設定-2

 年末年始、帰省ラッシュとなるこの時期、車や飛行機、船などで移動する機会も増える。海外サイトで医師のお墨付きの乗り物酔いに効く6つの方法が紹介されていた。

 試してみて損はないので覚えておくことにしよう。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク
おすすめリンク集