RSS速報

スポンサードリンク
1

 アツがナツいときには、涼しげな動物たちの愛くるしい動きをみるにかぎるんるん。ってことで氷の上、水の上にいるペンギンたちのユーモラスな動きを、GIF画像でエンドレスでみることで涼んでみよう。心はほっこり、体はキーンとなること請け合いだ。
スポンサードリンク
no title

 インターネットを頻繁に利用している人は、インターネットを利用していない人と異性の好みに違いがあることがわかったそうだ。


 イギリス・スコットランドにあるセント・アンドルーズ大学認知研究所の科学者らの調査によると、インターネットを頻繁に利用している人は、男らしく見える外見を持つ男性、また、ほっそりした女性らしい外見を持つ女性を好む事がわかったという。この新しい発見はインターネットを通してメディアがいかに人の外見の好みを変えているかを証明するものだ。
スポンサードリンク
00

 米ペンシルベニア州フィラデルフィア動物園で先月一般公開が始まった世界最小のネコ、クロアシネコの3匹の赤ちゃんたち。同動物園から続編映像が公開されたようだ。

 順調にすくすくと育っているようで好奇心旺盛。お気に入りは飼育員さんに与えてもらった紙袋。袋的なものに頭をつっこむのはネコ科すべての大好物のようだね。
0_e33

 かつての近未来的2次元画像をもとに、トゥーンシェーディングと呼ばれる技法を使って3次元化、いわゆる立体化した映像がテスト動画として公開されていた。古き良き時代の未来感が立体化されて今ここによみがえる。レトロながら奥行きのあるスペースファンタジーがいい味だしている。
0_e30

 人によって異なるだろうが1週間に出すゴミの量ってどれくらいなのだろう?アメリカでは年々増え続けるゴミ問題に頭を抱えているという。環境保護庁によると、アメリカ人が1日で出すゴミの平均量はおよそ1.8キロほどだそうだ。これは1960年に行われた同調査の倍の量であるという。

 写真家のグレッグ・シーガル氏はゴミ問題に興味を持ち、「7 days of garbage」という作品をつくりあげた。現在も進行中のこのプロジェクトは、シーガル氏の友人たちや近所の人々、ボランティアとして協力してくれた人々などが出した1週間分のゴミとともに寝そべる様子をカメラに収めたものだ。
no title

 言われるまでもないだろうが、人間の記憶ほどあてにならないものはない。その為に記憶を記録する為のツールが多数存在するわけだが、ではなぜ人はきちんと記憶をしておくことができないのか?

 これまでの研究でわかっている、人の記憶にまつわる10の現象を見ていくことにしよう。
no title

 たった2分で常温でぬるぬるだった缶ジュースをキンキンに冷やしてしまう方法が動画にて公開されていた。まあ知っている人は知っていると思うが、これは熱力学第二法則に基づいた方法なんだそうだ。
0_e27

 またしても犬の驚くべき献身と無償の愛を実感する物語が届いた。

 ブラジル、サンパウロに住むそのメス犬の名はリリカ。リリカは3年間に渡り、人間に分けてもらった食べ物を、他の動物たちに食べてもらう為、毎晩往復6.5キロの道のりを、せっせと運びつづけているのだ。誰に強制されたわけでもない、自らの意志で行っているのだ。
4_e11

 最近のトレンドは着用できるデバイスだと言われている。腕時計や携帯等に搭載され、どこに行くにも手軽に持って歩ける、非常に便利な作りとなっているのだ。

 例えば先月、アップルはスマートフォンにインストールでき、自分で健康管理が出来る「ヘルスキット」というアプリを紹介した。しかし、これらのデバイスもまだ不完全なようで、ある研究によるとこれ等の健康管理アプリ等の正確性は低いのだそうだ。

 その上で最近緩やかに注目を浴びているのがワイヤレスデバイスだ。
no title

 北米のとある家の裏庭でくつろいでいた鹿の親子。そこにやってきたのは1匹のカワウソ。遠くから様子をうかがっていたのだが、決意を決めて近くによってきた。どうやら鹿ファミリーと友だちになりたかったようで、近づいてはゴローン横になりお腹を見せること十数回。この切ない気持ち、果たして伝わっているのだろうか?
no title

 Google earth内のコンテンツ、グーグルムーン(Google Moon)では、これまでに撮影された月面上の画像を拡大、縮小しながら見ることができる。そんなグーグルムーンを探索中のユーザーが、またしても新たなる物体を発見したようだ。
no title

 「瞳は心の窓である。」様々な歴史的な写真を見れば、この意味を実感することになるだろう。

 我々は誰かを初めて観察する際、その人の目を見る。それは相手がどういう人間で、何を考えているのかを知るためである。そして時にその目は、言葉以上にその人やその人の考えを相手に伝える。
no title

 人間の顔をモニターとして利用したプロジェクトマッピングは、光の線でまず顔に線を描き、その中につぶ状の光のボールをドクドクと流し込んでいくというもの。なにこれちょっと面白そうな新感覚。やってみたい。片っ端からヒトの顔をつぶつぶで埋め尽くしたい願望勃発中。
0_e26

 ここに集められた写真は、1955年、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムに世界初のディズニーランドがオープンした当初から1970年代にかけて、ここを訪れ、ランド内の親善大使として歌ったり踊ったり、一緒に写真を撮ってくれたりするキャラクターたちを撮影したものである。

 子どもたちに夢と幸せを与えてくれるディズニーのキャラクターたち。中に人など入っているはずがないのだが、当時は今よりも人間じみた部分を残していたようだ。またそれが、一部非人間じみた部分と相まって、夢の他にも悪夢的な要素も持ち合わせているという奥の深い生き物だったようだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク
おすすめリンク集